google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY G-PWS3RV4B68 google.com, pub-5680133420783773, DIRECT, f08c47fec0942fa0

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の闘病余命宣告

生きているのが辛い ぼくのうつ病日記155

思うことを書いてみた。

 

 

鬱病は非常に厳しい状態であり、その中で日々生きていくことは本当に大変なことだ。

ただし、ボクのような人が生きていていいのかどうかというのは、あくまで一時的な感情や状態に影響される可能性があると思う。

 

 

鬱病は治療が可能であり、適切なサポートを得ることで回復の道も開けてきる。

まず大切なのは、自分を否定せずに、専門家や信頼できる人に相談すること。

 

 

精神保健専門の医師や心理療法士が適切な治療法を提案してくれると思う。

鬱病の日記をつけるのは、感情や思考を整理し、自分自身を客観的に見つめる手段となり得る。

 

 

ただし、それが重荷になってしまう場合は、無理をせず、ゆっくりと進めることが重要だ。

また、自分だけで抱え込まずに、友達や家族に話すことも大切だ。

理解を示してくれる人が身近にいれば、孤独感や孤立感が和らぐことがある。

 

 

しかし、なかなか理解と知識をもった人がいないのが現実なんだ。

そんな中でも、日々の小さな成功や良い出来事にも意識を向け、自分を労ることも忘れないでいたい。

 

 

また、適切な治療を受けつつ、生活の中に少しずつポジティブな変化を取り入れていくことが、回復への第一歩となると思うんだ。

 

 

 

 

クリック応援いただけたら嬉しいです。元気がほしいです。

ぽちっと押すだけいただけたら嬉しいです。

       ↓        

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング
うつ病ランキング

 

 

広告