google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY G-PWS3RV4B68

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の闘病余命宣告

ボクは最低な人間だ、生きている価値なんかないよ 248

今日もまた、自分が最低だと感じてしまった。

何をやっても上手くいかず、ただ周囲の人々に迷惑をかけているだけだという気持ちが消えない。

 

何をするにも、どんなに頑張っても、その成功体験が自信につながらず、ただ自己否定のスパイラルに陥るばかりだ。

 

朝、起きるのが辛かった。

目が覚めると、ただこの一日を過ごさなければならないという事実が重くのしかかる。

 

布団の中にひきこもりたい衝動に駆られたが、なんとか身体を起こして洗面所へ行った。

鏡を見るたび、目の下のクマやくすみ、表情に滲む無気力さが、自分の内面の疲れを物語っているように感じられる。

 

ただ窓の外を眺めながら時間を過ごした。

外の世界は明るく、人々は忙しそうに動き回っている。

 

その中に自分がどこにいるのか、何をすべきなのか、どうすれば幸せになれるのか、全く見えない。

自分の存在に意味を見出せず、ただ時間だけが過ぎ去っていく。

 

家族や友人からの連絡があっても、返信する気力が湧かない。

彼らには迷惑をかけたくないという思いがある一方で、自分がどうにもならない状況にいることを彼らに見せたくない気持ちもある。

 

孤独を好むわけではないが、孤独に慣れてしまった自分がいることもまた事実だ。

昼過ぎ、外出する勇気を出して近くの公園へ行った。

 

人々が楽しそうに笑っている姿を見て、自分がそれに加われないことが悲しくなった。

どうしてこんなにも自分だけがこんなにも苦しまなければならないのだろうか。

 

人生はなんて不公平なのだろう。

夜、布団に入るときも、眠れるかどうか不安だ。

 

過去の失敗や未来への不安が頭をよぎり、眠りにつくことができない。

ただただ無意識の中に沈むことを願いながら、この日も終わりを迎える。

 

明日がどうなるか、何が起こるか、それさえも見えない。

ただ一日一日をなんとか乗り越えることだけが、今の自分にとっての目標なのかもしれない。もしかしたら、明日は少しでも良い日になるかもしれない。

 

でも、今はそれさえも信じることができない。



 

 

 

小児がんと難病の息子について書きました

「こんにちは 悲しみ君」長編

良かったら読んでいただけたらと思います

https://note.com/reimi_tutu/n/nba0d2059f547

 

 

↓ここをポチっと応援で元気をいただけたら嬉しいです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

参加してます。うつ病をより多くの皆様に知っていただけたらと思います。

 

 

 

広告

医師にタンパク質を摂りなさいと言われたので、これ飲んでる。

 

 

 

うつ病ランキング
うつ病ランキング