google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の難病余命1年

長男の小児がんを公表します ボクのうつ病日記196

今日も朝起きるのが辛かった。

何をしても気力が湧かず、ただ憂鬱な気持ちが広がっている。

 

でも、それはある程度理解している。

自分がうつ病と向き合っていることを忘れずに。

 

一歩一歩、少しずつ前進していくしかないんだと思う。

今日は自分に優しくできることを見つけてみようと思う。

 

例えば、好きな音楽を聴いてみたり、散歩に出かけてみたり。

小さなことでもいい、自分を労ってあげよう。

 

友達や家族に話しかけることも大切だ。

孤独になりがちな時期だからこそ、つながりを感じることが心を支えるのかもしれない。

 

明日もまた新しい一日が始まる。

今日の自分を受け入れつつ、明日への希望を抱いてみよう。

 

 

 

 

 
広告
長男3歳児のがん闘病記

実話本としてかきあげました。

よかったら読んでください。

https://note.com/reimi_tutu/n/nba0d2059f547