google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の難病余命1年

長男のがん日記公表とボクのうつ病日記199

今日もまた、生きることが辛い日だった。

朝目を覚ました瞬間から、心は沈んでいた。

 

何もかもが無力で、どうしようもなく感じられた。

布団から出ることができなくて、ただただ動けずにいた。

 

なぜこんなにも重く感じるのか、理由も分からずにただ苦しいだけだった。

外の世界は明るく見えても、私の心はどんよりとした暗闇に覆われていた。

 

人々が笑顔で過ごしているのを見ると、ますます自分の孤独さが身に染みた。

彼らとは異なり、私はなぜこんなにも生きることが辛いのか、理解できなかった。

 

一歩外に出る勇気もなく、ただ窓の外を見つめているだけだった。

何をするにもエネルギーが湧かず、ただ過ごすこと自体が億劫だった。

 

自分で自分を奮い立たせようとするけれど、どうにもならない感覚が辛かった。

そして、今日も涙がこぼれた。

 

理由もなく、ただ心の中から湧き上がってくる涙。

自分でもなぜ泣いているのかわからない。

 

ただ、どこかで抱え込んでいた感情が爆発しているようだった。

うつ病の闘いは本当にしんどい。

 

どんなに頑張っても、時にはこの暗いトンネルから抜け出せないことがあるんだ。

ただ、一日一日を大切に生きていくしかないのかもしれない。

 

少しずつ、でも前に進んでいけるようになることを信じています。

 

 

 

広告
長男3歳児の世界的な難病闘病記

実話本としてかきあげました。

読んでいただけたら嬉しいです。

https://note.com/reimi_tutu/n/nba0d2059f547