google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の難病余命1年

生きているのが辛い ぼくのうつ病日記55

2023年6月12日

今日は灰色の一日

今日は、ぼくの心は深い闇に包まれている。

今日は最悪の一日でした。朝起きたときから、重い沈み込むような気持ちが胸に広がり、何をするにも手が重く感じた。

 

 

こんにちは。

お元気ですか?

ぼくは、、生きていていいのかな。。

 

 

 

これはぼくのうつ病の兆候なんだ。

起き上がるのも辛く、起き上がることも出来なかった。

心の中には何かがつかえたような感覚があり、苦しい気持ちで一日を始めた。

 

 

頭がボーっとして集中することもできず、いつものように楽しいことややる気を感じることもなかった。

友人からの電話も、いつものように喜びを感じることもできなかった。

 

 

声が聞こえても、心の奥底で何かが欠けているように感じた。

この無気力な感覚は、ぼくのうつ病の症状の一部なんだ。

 

 

副作用でお腹だけはすいて食べ続け、部屋の中でひとりで座り続けた。

時間の流れが遅く感じられ、孤独感が増していった。

 

 

外の世界は明るく見えても、ぼくの心は暗闇に閉じ込められたまま。

夕方になり、外に出る勇気を持ちましたが、どこに行っても孤独感が募るばかり。

 

 

人々が楽しそうに過ごしている姿を見ると、自分がそれに参加できないことが悲しく感じられた。

このうつ病はぼくを社会から隔離し、孤立させるような感覚をもたらしている。

 

 

夜になり、寝る準備をしたけど、眠ることもできずにベッドに横たわっていた。

過去の辛い出来事や失敗が頭をよぎり、自己嫌悪に。。。

 

 

自分自身を責める声が頭の中で響き渡り、ますます絶望感に苛まれた。

このような日々が続くと、生きること自体にも疑問を抱くようになるんだ。

未来が見えず、希望も感じられない。

 

 

まんが読んだ。

https://amzn.to/43A8Edj

 

 

読んでから、少し元気でた。

諦めずに治療を続けようかな。

専門家の助けを借りて、うつ病と向き合い少しでも生きる方向に向かいたいな。。

 

 

できることなら、みんなと一緒に生きたいな。。

いや、生きる、生きるんだ。

 

 

読んでくれてありがとう。

 

 

またお会いしましょうね。

 

 

今回もクリック応援お願いできたら・・こんなぼくでも、読んでもらえてるんだ、応援してくれる方がいるんだと、生きていく励みになる、生きていけるかなと思います。。

       ↓

       ↓

(はてなblog公式)

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

小児がんランキング
小児がんランキング