google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の難病余命1年

生きているのが辛い ぼくのうつ病日記58

2023年6月15日

 

今日は生きるのが辛かった。

うつ病の日々がぼくを襲ってきた。

朝起きた時から、身体が重くて動く気力も湧かなかったんだ。

 

 

こんにちは。

お元気ですか?

このところ天気が、はっきりしなく気圧の変化があるから気をつけて。。

ぼくみたいには、ならないでね。

 

 

 

目覚まし時計が鳴るたびに、ますます意味のない存在に感じられた。

何をするにも、エネルギーが枯渇しているようだった。

 

 

今日は、ただベッドの上でうつらうつらと時間を過ごした。

何度も自分に言い聞かせた。

 

 

「頑張れ」とか「前を向け」とか、でもどうしても気持ちが上向きにならなかった。

一歩外に出る勇気もなかった。

 

 

外の世界が怖くて、人と会うことが辛くて、どうしても家にこもりたくなった。

友人からの誘いも断り続けてしまった。

 

 

心の中で彼らに迷惑をかけていることをわかっているけれど、どうしてもその勇気が湧かなかった。

時間が過ぎるのが遅く感じられた。

 

 

時計の針が進むことも、太陽が移り変わることも、私には関係のない出来事のように感じられた。

ただただ時間だけが経っていくのを待つだけで、それがさらに辛く感じられた。

 

 

夜になっても、睡眠は訪れなかった。

頭の中は暗闇に包まれ、自分自身との闘いが続いた。

 

 

過去の失敗や後悔、未来への不安が頭をよぎり、心がざわめき続けた。どれだけ眠りたくても、眠れない現実に苦しみを感じた。

今日は本当に辛かったんだ。

 

 

うつ病の症状が私を押し潰し、生きる気力を奪っていった。

でも、ぼくは諦めたくない。

 

 

明日が少しでも良い日になることを願って、向き合っていこうと思う。

ぼくの周りには理解してくれる人たちがいることを忘れずに、助けを求める勇気を持ちたい。

 

 

うつ病は辛いけれど、ぼくは立ち向かっていきたい。

一歩ずつ前進し、治療やサポートを受けながら、少しずつでも回復していきたいんだ。

 

 

明日はきっと新たな日が訪れるよな気がする。

いや、きっとくる。。

そう信じたい。。

 

 

漫画読んだ。。

https://amzn.to/3N3KkcE

 

 

 

 

 

今回もクリック応援お願いできたら・・こんなぼくでも、読んでもらえてるんだ、応援してくれる方がいるんだと、生きていく励みになる、生きていけるかなと思います。。

       ↓

       ↓

(はてなblog公式グループ)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング
うつ病ランキング