google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の難病余命1年

生きているのが辛い ぼくのうつ病日記59

2023年6月16日

今日もまた、生きることに怖さを感じている。

うつ病に苦しむ私にとって、この恐怖は日常の一部となってしまっている。

 

 

こんにちは。

お元気ですか?

 

 

ぼくは、生きるのに恐怖があるという健常者の方からすると理解できないかもしれないことがおきたりするんですよね。

あなたは、そんなことないですか?

 

 

朝起きた瞬間から、心が重く、意欲を奪われる感覚が私を襲う。

この病気は、ぼくの思考を暗く歪ませる。

 

 

ネガティブな考えが頭の中を駆け巡り、自信を奪い、不安を増幅させる。

友人や家族が声をかけてくれても、自分の価値を見出せない。

 

 

孤独感に包まれて、社会から隔離されているような気分になる。

日常生活も困難だ。簡単な日常のタスクにも立ち向かうことができず、自分自身に対する怠惰さを感じる。

 

 

食事だけは、副作用で大食い。。

身体的な疲労感に加えて、激太りも私を苦しめる。

何も手につかない日々が続き、自己嫌悪に苛まれる。

 

 

友人や家族には、理解してもらえないのではないかという不安も抱えている。

実際理解は難しいのではと思う。

彼らは私の心の中にいる闇を理解しようと努力してくれるが、私自身がそれを理解することができない。

 

 

自分が自分でいられない、助けを求める声も出せない無力さに苦しむ。

生きること自体が怖い。

 

 

ぼくは将来に対する希望を見失い、目標を見つけることができない。

何年もの間、この病気に支配されていると、本当に改善することができるのか疑問に思う。

 

 

この闇から抜け出すことができるのか、見えない未来に対して希望を持つことができるのか、自信が持てない。

 

 

それでも、一瞬でも、この苦しみから解放されることがあれば、生きる意味を見つけることができるかもしれない。

 

 

少しずつ、一歩ずつ、前に進むことを目指して、この闇に立ち向かう勇気を持ちたいと思う。明日がもう少し良い日になることを願いながら、今日も闘い続ける。

 

 

今日もありがとう。

 

 

また、お会いしましょうね。。

 

 

 

今回もクリック応援お願いできたら・・こんなぼくでも、読んでもらえてるんだ、応援してくれる方がいるんだと、生きていく励みになる、生きていけるかなと思います。。

       ↓

       ↓

(はてなblog公式グループ)

 

 

 

まんが読んだ。。

https://amzn.to/446tbpo

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング
うつ病ランキング