google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の難病余命1年

生きているのが辛い ぼくのうつ病日記70

2023年6月27日

今日は一日、悩みと戦いながら過ごした。

心の闇が深くて、時折、生きる意味が見出せない瞬間がある。

 

 

でも、ぼくは必死に前を向こうと努力したいと思っている。

この日記に思いを綴りながら、自分自身に対して励ましの言葉を贈りたいと思う。

 

 

うつ病になってから、何度も自問自答を繰り返した。

「こんなぼくでも生きていていいのか」という疑問が頭をよぎるんだ。

 

 

周りの人たちと比べて、自分は弱く、何もできない存在だと感じている。

しかし、時間が経つにつれて、ぼくは少しずつ気づいた気がする。

 

 

生きる価値は、外部の評価や成果だけでなく、自分自身が存在するだけであるということを。うつ病を抱えていることで、他の人とは違った経験や感じ方をすることもあるかもしれないけど、それはぼくなりの財産でもあるんじゃないかと。。。

 

 

悩みや苦しみは、決して他人には理解されにくいもの。

でも、その分、同じような経験をした人たちとは深く共感し合うことがある。

 

 

ぼくは孤独ではないのではないか。。。

読者の方や、うつ病に苦しむ人たちと共に歩み、支え合うことで、少しずつ希望の光を見つけることができると思う。

 

 

一歩一歩、辛い日々を乗り越えていくために、ぼくは自分に対して優しくなることを心がけている。

時には自分を褒めてあげることも大切。

 

 

小さな成功や努力を認め、自分自身に感謝することで、自信をつけることができるかもしれない。

また、周りの人たちからのサポートも欠かせない。

 

 

ぼくは心を開き、家族や友人に相談することで、たまに、少しずつ心の負担を軽くすることができることがある。

 

 

専門家の助けを借りることも選択肢の一つ。

誰かとつながりを持ち、支え合うことで、日々の戦いに勇気を持って立ちむかえることがあると思う。

 

あくまで、ぼくの考えだけど・・

 

あなたはどうですか?

 

お互い、無理のないように少しでもいい日があるといいよね。。

 

また、お会いしましょうね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとう。。

クリック応援お願いできませんか。。生きる励みになります。。

       ↓

(はてなblog公式グループ)

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング
うつ病ランキング