google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY G-PWS3RV4B68

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の闘病余命宣告

もうすこし生きてみます&3歳児の勇気208

今日も目が覚めた瞬間から、何もかもが重く感じる。

まるで心が地獄に取り残されたような気分だ。

 

何をやっても楽しさや充実感が感じられず、ただの生存だけが続いている。

朝、布団から出ることができず、時間だけが過ぎていく。

 

外の世界がどんなに美しいと言われても、それはもうどうでもいい。

見えない壁に阻まれて、生きているだけの地獄に閉じ込められているような気がする。

 

一歩外に出る勇気も湧かず、自分を奮い立たせることすらできない。

人との関わりも怖い。

 

何を言われるのか分からないし、自分がどれだけ不完全で弱い存在なのか、他人に知られるのが怖い。

お薬の副作用で昼食は爆食い、でも何か食べても味は感じられず、ただの義務として過ごす。

 

何かを始めることができれば、少しは気分が晴れるかもしれないと思うが、どこかでそれもわかっている。

何をやっても無駄だという確信が心に漂っている。

 

夜、眠りにつくことも苦しい。不安や絶望が夢の中でも付きまとう。

 

一日が終わることがただの安らぎでなく、次の日の地獄への不安を増していくだけなんだ。

 

 

 

長男の勇気ある生きた軌跡を書き上げました。

https://note.com/reimi_tutu/n/nba0d2059f547

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング
うつ病ランキング

育児日記ランキング
育児日記ランキング

広告