google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY G-PWS3RV4B68

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の闘病余命宣告

うつ病の周りの人や家族はどうすればいいのか?続き 255

うつ病の人の周りの人や家族が支援するためには、以下のポイントに注目することが重要です。うつ病がよく分からない人でも理解しやすいように、書いてみました。

  1. 理解と共感:

    • うつ病は、精神的な、要は脳の健康問題であり、感情や行動に影響を与えます。患者は「元気にしよう」と言われても、気持ちが切り替わるわけではありません。

    • 患者の感情や状況を理解し、共感することが大切です。彼らが抱える苦しみや悩みに耳を傾け、一緒に悩んであげることが大事です。

  2. 受け入れとサポート:

    • 患者を受け入れ、支えることが大切です。彼らが「弱い」とか「ただの気まぐれ」と考えるのではなく、うつ病は病気であると理解しましょう。

    • 治療や支援を求める際には、積極的に協力し、サポートすることが必要です。ただし、無理強いはせず、自分のペースで進むことが大切です。

  3. 専門家の支援を促す:

    • うつ病の治療には専門家の助けが必要です。家族や周囲の人は、患者が専門家との面談や治療プログラムに参加することを促し、支援することが大事です。

  4. 日常生活のサポート:

    • 患者が日常生活で困難を抱えている場合、家族や周囲の人は、食事を作ったり、家事を手伝ったり、必要なサポートを提供しましょう。

    • 患者が適切な休息をとったり、運動を行ったりすることを促すことも重要です。

  5. コミュニケーションの重要性:

    • 家族や周囲の人は、話ができる状態ならば、オープンなコミュニケーションを心がけましょう。感情や状況を共有し、問題があれば話し合って解決していきましょう。

  6. 自己ケアと負担の分担:

    • 家族や周囲の人も、自身の健康とバランスを保つことが大切です。患者を支えることは大変な負担になりますので、自己ケアを怠らず、必要であれば他の家族や専門家と負担を分担しましょう。

これらのポイントを心に留め、うつ病の患者の周囲の人や家族が適切なサポートを提供し、彼らが回復と健康になれるような環境を作ってあげれればと思います。

 

 

あれは、だめ、これはだめとは、言わないことが大切だと思います。

本人は、だらけているのではありません、動けないんです。

喋りたくないのではなく、なにか、ブレーキがかかってしゃべれないんです。

人と会いたくない症状がでる人が多い。

普通にしていてくれているほうがいい。

自分のせいで、暗くなっているとせめてしまう。

 

 

 

 

#️⃣子どもの病気 難病 余命

「こんにちは 悲しみ君」長編

良かったら読んでいただけたらと思います

https://note.com/reimi_tutu/n/nba0d2059f547

 

 

↓ここをポチっと応援で元気をいただけたら嬉しいです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

参加してます。うつ病をより多くの皆様に知っていただけたらと思います。

 

 

 

広告

医師にタンパク質を摂りなさいと言われたので、これ飲んでる。

 

 

 

うつ病ランキング
うつ病ランキング