google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の難病余命1年

生きているのが辛い ぼくのうつ病日記51

2023年6月8日

おまえなど、消えろ、消えて居なくなってしまえ。

その言葉がぼくの心に響く。

 

 

こんにちは。

お元気ですか?

ぼくの心の中には、悪魔が住んでるのかな。。

出ていってくれないのかな。。

あなたは、そんなことない?

ないよね。。

 

 

 

鬱病とは、どんよりとした暗い雲が私の頭上に漂っているような感覚だ。

常に憂鬱な気持ちに包まれ、生活の中に希望の光が見えないんだ。

 

 

この病気は、ぼくの心を蝕んでいく。

日々の生活は、ただただ辛い。

 

 

朝起きることすら、苦痛となっている。

どうしてこんなにもつらいのだろう。

 

 

周りの人たちは笑っているのに、ぼくだけがこの苦しみを抱えている。

なぜぼくだけがこんなにも孤独なのだろう。

あなたは、そんなことないですか?

 

 

友人たちとの交流も難しい。彼らと会っても、どんなに頑張っても楽しい気持ちになれない。笑顔を装っているつもりでも、心の奥底では常に消え去りたいという思いが渦巻いている。

 

 

医師から処方された薬を飲んでも、症状はなかなか改善されない。

ぼくの心は深い闇に閉じ込められているようだ。

 

 

自分自身を取り戻したいと願いながらも、どんどんと追い詰められていく。

もうどうしたらいいのか分からない。

 

 

自分を取り戻したいから、まんが読んだ。。

https://amzn.to/3ChFraS

 

 

だけど、ぼくは諦めたくないんだ。

この闇の中から這い上がるために、鬱病日記を始めた。

 

 

日々の気持ちや思いを文字にすることで、少しでも心の整理ができるかもしれないと思った。

この日記は、ぼくの心の叫びを吐き出す場所でもある。

 

 

消えろ、消えて居なくなってしまえという言葉に怯えながらも、ぼくはそれに打ち勝つ強さを持っているはずだ。

鬱病との闘いは続く。。。

 

 

でもぼくは、この闘いに打ち勝ちたい。

どんなに暗い道でも、必ず光は差し込むという。

ぼくは自分の強さを信じて、闇から抜け出す道を見つけ出したいんだ。

 

 

この鬱病日記が、ぼくの力の源になる。

日々の辛さを文字にすることで、少しずつでも自分自身を取り戻していく。

消えろ、消えて居なくなってしまえという言葉に負けることはない。

 

 

ぼくは闘う。

闘えるかな。。

消えずに生きられるかな。。

 

 

辛い方も

一緒に生きましょうね。

 

 

また、お会いしましょうね。

 

 

 

今回もクリック応援お願いできたら・・こんなぼくでも、読んでもらえてるんだ、応援してくれる方がいるんだと、生きていく励みになる、生きていけるかなと思います。。

       ↓

       ↓

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病ランキング
うつ病ランキング