google-site-verification=DsSW1BSpVBY5SiLLdzLTrUhj5WzV1FkuaA16qBTRbiY G-PWS3RV4B68

KIZUNA  もう少し 生きてみます。

障害2級 重度のうつ病日記 長男と家族の闘病余命宣告

生きているのが辛い ぼくのうつ病日記122

2023年10月11日

今日は起きることができず、頭がぼーっとしていた。

うつ病の症状が強く出てしまった。

 

 

目覚まし時計が鳴っても、布団から出る気力もなく、何度もスヌーズボタンを押した。

日光が部屋に差し込むのも避けて、カーテンを閉めたまま。

 

 

一度起きても、体が重く、エネルギーが湧いてこず、何をする気力もなかった。

食欲もこの状態では抑えるのが難しく、過剰な食事を摂ってしまった。

 

 

薬の副作用や、ストレスや不安が増すと、食べ物を摂ることで一時的な安心感を得ようとする傾向が強まるんだ。

友人からのメッセージや電話があったにもかかわらず、返信する気力はなかった。

 

 

社会から孤立してしまったような感覚に襲われた。

家の中に閉じこもり、孤独感が募る。

 

 

うつ病の日々は、一日が次に続くような感覚で、希望が持ちにくいもの。

今日のような日は特に辛く、症状が悪化したことが分かった。

 

 

このうつ病の闘いは難しいものであり、支えが必要。

明日は新しい日で、少しでも良くなることを願って。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ状態ランキング
うつ状態ランキング

 

 

広告